高画質・高音質!WEB会議システム「Zoom」の使い方やサービスを徹底解説

高画質と高音質なリアルタイムメッセージとコンテンツ共有が可能なWEB会議・商談システムのZoom(ズーム)。
ダウンロード型のWEB会議システムとしては、日本ではTeamViewerと並んでよく聞くなので、WEB会議システムを検討する際に頭に思い浮かべるサービスの1つではないでしょうか?

zoomは2011年設立のカリフォルニア州サンノゼに本拠地を構える企業さまです。HDビデオやダイナミックボイス検出機能付きHDボイスなど品質に拘る社風で主に法人さまを対象としてサービス展開しています。アメリカ企業はIT強いですよねーほんと。

朝比奈

WEB会議システムを比較検討するのって本当に手間がかかりますよね。実際に使ってみなけりゃわからないので。
今回はそんなZoomについてしっかり説明していきます。

Zoomの魅力

Zoomはなんといっても高画質・高音質に力を入れているのが特徴です。そのため、手軽さというよりは、しっかりソフトウェアをダウンロードして、細かく設定して利用していくという感じです。

Zoomの使い方

Zoomはブラウザ型とは異なり、ダウンロード型(インストール型)のWEB会議システムです。まずは環境を整えましょう。

アカウントの登録

アカウントはメールアドレスの認証から行います。アカウント作成から流れるようにWEB会議をスタートできます。

Zoomにアクセスしてメールアドレスを入力して「サインアップは無料です」をクリックします。するとメールアドレス宛に認証URLが送信されます。

届いたURLをクリックするとZoomのアカウント登録画面に進みます。

名前、パスワードを設定して、「続ける」を押します。

基本的には「手順をスキップする」で大丈夫です。Zoom利用者を増やしたい場合は任意で入力してください。

「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックします。

アプリケーションのダウンロード

Zoomアプリケーションのダウンロードが開始されます。

ファイルがダウンロードされたらクリックして、「実行」を押します。

ダウンロード中の画面です。おおよそ2分ほど

ダウンロードが完了したらアプリケーションが立ち上がります。

Zoomでは「電話で参加」と「コンピューターのオーディオ」の2種類から会話するための音声を選択できます。

相手とビデオを繋ぐ

画面下の「招待」をクリックしてください。

招待方法を選択して、相手にZoomの接続URLを共有します。

すでに相手側がzoomを利用したことがある場合はこの絶族URLをクリックしたら接続されます。 ただ、初めてzoomを利用する場合は、zoomアプリケーションのダウンロードをしなければなりません。

Zoomの機能について

基本機能はホームから利用できます。

新規ミーティング会議を開催できます。
参加 会議に参加できます。ミーティングIDもしくはパーソナルリンク名が必要です。
スケジュール Outlook、Googleカレンダーなどのカレンダーにミーティングのスケジュールを立てられます。
画面の共有ミーティングIDが必要です。

画面共有

会議画面の下部にある「画面の共有」をクリックすると利用できます。

ホストは参加者が画面共有しないように、あらかじめ「画面共有のロック」をすることができます。

チャット画面

zoomのチャットはとても分かりやすくて使いやすいと思います。

また、ホームからチャットに入るとチャット専用画面もあります。こちらではファイルやスクリーンショットを共有することができます。


レコーディング

音声をレコーディング(録音)することができます。レコーディングが終了すると音声はmp4形式に変換され保存されます。

Zoomが力を入れている分野

各拠点の会議室と会議室を繋ぐ「ビデオ会議室ソリューション」。Zoomはこれらに必要なデバイスが充実しています。

  • 会議室のモニターにZoomの空き時間情報を表示してその日に利用可能な時間に予約できます
  • 会議をしていない時間帯もデジタルサイネージを流すことができます
  • タッチスクリーンによるインタラクティブコラボレーションの簡易化

Zoomの料金プラン

1対1のWEB会議は時間制限無制限で利用できます。2つの拠点のみを繋げたい場合であれば無料版でも対応可能です。

プロ版であっても月額1679円/ホストなので良心的な価格だと思います。

予算がたくさんあれば、会議室のサイズに合わせた設定が可能な「Zoom Rooms」もありかもしれません。

Zoomの利用環境

https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A6%81%E4%BB%B6

カメラが起動しない場合

【Windows】

  1. カメラを使用しているアプリケーションをすべて閉じてください
  2. パソコンを再起動します
  3. Zoomアプリケーションをアンインストールし再度ダウンロードします
  4. お使いのカメラのドライバーを更新します

【Mac】

  1. カメラを使用しているアプリケーションをすべて閉じてください
  2. パソコンを再起動します
  3. 再起動してもカメラが起動しない場合は、他のFacetimeなどのアプリケーションでもカメラが起動するか確認します
    1. 起動する場合:Zoomアプリケーションをアンインストールして再インストールします
    2. 起動しない場合:Zoom以外の原因の可能性がありますので、Appleサポートへ連絡して確認しましょう

音声が聞こえない場合

  1. 一番多いのはZoomの「ミュート(消音機能)」がオンになっている場合です。解除しましょう

こんな使い方もあるZoom

Zoomのデメリット

Zoomはアプリケーションのインストール型サービスなので安定性は高いのですが、初期接続で手こずるケースが多いです。例えばカメラが検出できなかったり、会話が成立しなかったり。

一度繋がってしまえば安定感のあるサービスなのですが、初期接続の簡易さが必須のWEB営業には向いていないと思います。そもそもターゲットではないのでしょう。

最後に

ターゲットはWEB会議!「拠点間WEB会議システム」としてはかなり優秀なのではないでしょうか。 WEB会議事業者としては実績も十分だと思います。

参考:https://zoom.us/

zoom