無料で超簡単!「BizMee」は最高に使いやすいWEB会議システム!

さまざまな無料WEB会議システムがある中、筆者的におすすめしたいのがこのBizMee(ビズミー)、正式にはBizMee β です。

実際にビジネスの場で使っている企業を見たことはないため、知名度は低いのかもれませんが、圧倒的な簡単さと使いやすさでWEB会議をスタートできる便利なツールです。

運営しているのは株式会社grabssさまで日本企業。WebRTCの技術で構築されたBizMee。無料で提供して頂きありがとうございます。

評判や導入事例などもあまり少ないサービスなのでBizMeeについて詳しく解説していきます!

BizMeeの魅力

BizMeeの強みは「無料」「簡単接続」です。

インストールや登録不要

ブラウザ接続のため、面倒なアプリケーションのダウンロードは不要!またルームの作成に当たって、アカウント登録も必要ありません。

URLを作って、ルームが完成。

というわけでめちゃくちゃお手軽なんです。

高品質通話

WebRTCという技術を使っているので自分と接続先のプライベート接続(P2P通信)が可能です。余計なものがないのでスムーズなWEB会議が可能です。

リアル会議室

ホワイトボードを使うことでお絵かきができます。また、議事録メモ機能や画面共有ができます。

BizMeeの使い方

  1. 会議室を作る
  2. 会議室のURLを伝える
  3. ミーティング開始

以上!

まず、「BizMee」にアクセスします。

URLを決めて「入室」を押します。


その際にカメラと音声を許可してください。

カメラが起動しない場合がある

カメラが起動しない通話できないといったトラブルは、この作業を飛ばしている可能性があります。設定し忘れてしまった場合はURL左の鍵のアイコンをクリックすれば再設定できます。

URLをコピーしてWEB会議をしたい相手に伝えましょう!
相手がURLをクリックするとWEB会議が開始されますよ。

BizMeeの機能

お絵かき

お絵かき機能では、書くこと以外に画像ファイルもアップできます。

※ホワイトボードは大きくできません。

画面共有

はじめて画面共有を使う場合は画面右上にあるアプリケーションダウンロードボタンを押して下さい。
Google Chromeの場合はストアから拡張機能をダウンロードできます。

画面共有はお絵かきが表示されていた場所に表示されます。
全画面表示ができないのは少し残念ですが、速度は十分使える範囲だと思います。

パスワードロック

鍵をかけることによって第三者の入室をロックする事ができます。

セキュリティについて

HTTPSを利用したサービスですし、P2P通信はネットワーク上で端末間を相互に直接データ通信を行う通信方式なので、特定の利用者間でのみ映像や音声やメッセージの送受信を行います。サーバーを介していない分、セキュアであると言えると思います。無料サービスなので気になるところですよね。

BizMeeの料金プラン

BizMeeは無料サービスなので、有料プランはありません。そのため、利用回数なども特に制限はありませんでした。

ルームに入室できる人数も制限がありませんが、3~4名を想定して作られているようです。

P2Pで接続できない環境下の場合は中継サーバーを経由して通信されます。

何故無料なのだろうと思われるかもしれません。ホームページに記載されていたサービスの目的としては、WebRTCの技術を使ったサービスの開発等の依頼を集客するためのツールの立ち位置のようです。

なので、無料ユーザーもどんどん使いこなして問題なさそうです。

BizMeeの利用環境

対応ブラウザ

  • Google Chrome
  • Fire Fox
  • Opera

スマホやタブレット対応

現在はアプリケーションはリリースされていません。パソコン間のやりとりに使われます。

BizMeeのデメリット

無料サービスとしては本当に素晴らしいと思いますが、細かなところの融通が利かないケースも多いです。無料なので仕方ない。。。たとえば

  • 画面共有が全画面にできない
  • 対話者の顔が小さい
  • パワーポイントや資料を使った提案が難しい

といったところでしょうか。このあたりが改善されればもっと利用ユーザーは増えると思います。

最後に

無料でこれだけのサービスを提供してくれているBizMeeはすばらしいと思います。WEB会議をしたことがない方は気軽に利用開始できるBizMeeを一度使ってみてもよいのではないでしょうか。